ワット、アンペアの関係

wa.png
電気にまつわる用語として、良く耳にするのが、「ワット」「アンペア」「ボルト」です。
アンペア「電流の単位」です。電気とわ電子が動く現象のことで、その電気の流れる量が電流。一般家庭では、電力会社との契約で使えるアンペアが決められていて、多くが30-50アンペアです。
ボルトは「電圧」で電気を流そうとする働きの大きさを表します。一般家庭では大体100Vです。
ワット「W]は「電流×電圧」で表せる「電力の単位」
1Aの電流が1Vの力で流れたときの電気の力=1Wです。
月々の電気料金はこの電気量に応じて金額が決められます。
1Aの電流を1Vで1時間使うと1W「1WH」で請求書には「ご使用量324KWH」などと記載されます。
電球の40W、100Vの意味は?
電球には、40W、100Vto記載されますが、これは電球で明るいエネルギーを出すために、「40Wの電力が必要」ということです。
ワットは「電流×電圧」なのでこの公式に当てはめると、40Wと100Vを当てはめると0.4Aの電流が必要になります。
つまり、電球1つつける為に、0.4Aの電流が必要になります。家電製品により、アンペアは異なります。使用した家電の数にを足したものが、その家庭で一度に流れる電気量です


ワンワン、愛犬愛来るしい