ピタゴラスの定理がよくわかる

pita.jpg
「ピタゴラスの定理」ピタゴラスは紀元前582年に生まれたギリシャの哲学者で、数学者です。
実は、ピタゴラスの弟子が発見したという説もあります。
2辺の長さが分かれば残り1辺の長さが分かる
ピタゴラスの定理は、小学校3年生位で習います。最近の学校の授業では「3平方の定理」とい呼ぶことが多いそうです。
最も専門的はこうこげんの定理といいます。忘れてしまった人のために復讐すると、これは直角三角形に関する定理です。
その方程式jは、直角三角形で直角を挟む2辺をc,b斜辺をaとすると、「bの2乗+cの2乗」=aの2乗というものです
この式に当てはめれば2辺の長さが分かれば、残る1辺の長さが分かるという公式です。
どんな直角三角形にもこの定理は当てはまります。この定理を証明する方法は、一説には数百もあるようです。
他にも、ピタゴラスの定理は「3角形の3辺の長さの比が「3対4対5対」の場合は必ず直角三角形になる

コメント

非公開コメント