ヘクトパスカルの意味

HP.jpg
「中心の気圧は950ヘクトパスカル」というように台風のニュースによく出てくる「ヘクトパスカル」
これは、気圧の単位で、92年までは「ミリバール」と呼ばれていました。「ヘクト」は100倍に意味で「パスカル」は大気圧の存在を立証したフランスの自然科学者パスカルの事です。
1パスカルは「1平方メートル」辺り1ニュートンという圧力。少し難しいですが、ニュートンは「1キログラムの質量をもつ物体に、1メートル毎秒毎秒の加速度を生じさせる力を意味します。
ヘクトパスカルは、地上では大体1013hp「標準大気圧」気圧は高いところほど低くなり、60階の高層ビルの屋上で990hp、富士山の山頂だと640hpです
台風は、熱帯低気圧の一種、ヘクトパスカルが低ければ低いほど、強い台風で注意が必要です。台風と認定される基準は、ヘクトパスカルでなく、中心付近の最大風速が秒速17.2m以上の時です

簡単動画作成

ワット、アンペアの関係

wa.png
電気にまつわる用語として、良く耳にするのが、「ワット」「アンペア」「ボルト」です。
アンペア「電流の単位」です。電気とわ電子が動く現象のことで、その電気の流れる量が電流。一般家庭では、電力会社との契約で使えるアンペアが決められていて、多くが30-50アンペアです。
ボルトは「電圧」で電気を流そうとする働きの大きさを表します。一般家庭では大体100Vです。
ワット「W]は「電流×電圧」で表せる「電力の単位」
1Aの電流が1Vの力で流れたときの電気の力=1Wです。
月々の電気料金はこの電気量に応じて金額が決められます。
1Aの電流を1Vで1時間使うと1W「1WH」で請求書には「ご使用量324KWH」などと記載されます。
電球の40W、100Vの意味は?
電球には、40W、100Vto記載されますが、これは電球で明るいエネルギーを出すために、「40Wの電力が必要」ということです。
ワットは「電流×電圧」なのでこの公式に当てはめると、40Wと100Vを当てはめると0.4Aの電流が必要になります。
つまり、電球1つつける為に、0.4Aの電流が必要になります。家電製品により、アンペアは異なります。使用した家電の数にを足したものが、その家庭で一度に流れる電気量です


ワンワン、愛犬愛来るしい

ピタゴラスの定理がよくわかる

pita.jpg
「ピタゴラスの定理」ピタゴラスは紀元前582年に生まれたギリシャの哲学者で、数学者です。
実は、ピタゴラスの弟子が発見したという説もあります。
2辺の長さが分かれば残り1辺の長さが分かる
ピタゴラスの定理は、小学校3年生位で習います。最近の学校の授業では「3平方の定理」とい呼ぶことが多いそうです。
最も専門的はこうこげんの定理といいます。忘れてしまった人のために復讐すると、これは直角三角形に関する定理です。
その方程式jは、直角三角形で直角を挟む2辺をc,b斜辺をaとすると、「bの2乗+cの2乗」=aの2乗というものです
この式に当てはめれば2辺の長さが分かれば、残る1辺の長さが分かるという公式です。
どんな直角三角形にもこの定理は当てはまります。この定理を証明する方法は、一説には数百もあるようです。
他にも、ピタゴラスの定理は「3角形の3辺の長さの比が「3対4対5対」の場合は必ず直角三角形になる

震度とマグニチュードの違い

zisinn.jpg
地震の大きさを表す「マグニチュード」と「震度」
震源地における地震のエネルギーの大きさ、地震の規模をしるすのが「マグニチュード」最大12段階まで設定されていて、数字が1つ増えるたびに約32倍のエネルギーが強くなり、数字が2つ増えると約1000倍に。
マグニチュード10以上の地震は地球では起きないといわれています。
一方場所ごとの地震の影響を与えるのが震度です。


世界一わかりやすいFXの学校

オームの法則

omu.jpg
ドイツの物理学者「オーム」が1826年に発表したのが「オームの法則」です
この法則は、簡単に言うと、「電流の強さA」は「電圧V」に比例し「電気抵抗Ω」に比例する
水に例えて説明すると、水道にホースをつけて、蛇口を全開にすると、ホースは飛び跳ねますが、蛇口を閉めるとホースはヘナっとなります。水の流れが強くなるほど水圧は高くなるわけですが、同様に電気も流れが強くなるほど電圧が高くなります
つまり、電流の強さは電圧に比例します。
ただ、水量を減らしても、ホースの先端を指でつばむと、先端から出る水の勢いは強くなります。量が一定ならホースが細いほど水圧は高くなります。電気抵抗は、水の量でいう「ホースの太さ」と考えればいいでしょう。ホースの直径が長いほど抵抗は少なくなり、直径が細いほど抵抗は大きくなります。つまり、電圧と電気抵抗は反比例しています

自分でフェイスブックアプリを作成しよう